社会保険庁 | 団塊世代どっとねっと

社会保険庁

2008年09月26日

先日,年金の請求の手続きに社会保険庁に行ってきました。
手続きをした感想は,やっぱり社会保険庁だなぁ…でした。
何故か? 仕事のやり方が,全くなってない。
大切な年金を扱う仕事のやり方そのものが,全くなってないです。
おまけに,やる気のない職員。ちゃんと仕事をしろ!! と怒鳴りたい位でした。

年金の請求を提出したことに対して,提出したということの証明を申請者に対して,何も出さないのですね。これでは,提出した書類を,社会保険庁内部で紛失してしまったら,提出されてませんよ,の一言で終わってしまいそうです。
銀行に例えれば,通帳をあずけても預かり証を出さないのと同じです。
そんな仕事のやり方をする銀行があったら,1ケ月でつぶれてしまうでしょう。
あのいい加減な社会保険庁ですから,充分ありそうです。

しかも,申請の手続きをしてから,年金証書の発行までに3ケ月もかかるとか。実際の振込は,来年になるそうです。
私の場合,一つの会社にずっと勤めていたので,いわゆる年金問題もない筈のに,そんなに時間がかかるのでしょうか? コンピュータ化されている筈なのに。考えられるのは,庁内での事務処理に,たくさんの人が介入して,数多くの判子を押さないと,事務が進まないシステムになっていることですね。
むだな仕事をする人が沢山いて貴重な税金を食いつぶし,年金の掛け金を盗んでいるのですね。
先日,銀行に相談に行った時に,銀行の担当の人も,「社会保険庁は泥棒と思って付き合う必要がありますからね」と言ってました。私にいわせれば,社会保険庁は,泥棒ではなくて,強盗です。否応なく人のお金を取っていくのですからね。

ちゃんと,仕事をしてくれるのかどうかわからない社会保険庁。
この役所は,もう完全に腐りきっていますね。
社会保険証庁は,解体されて,新しい機構ができるようですが,仕事をしている人達が同じですから,何も変わらないと思います。

社会保険庁の解体は,すべての責任を社会保険庁という団体におしつけることによって,それに携わってきた人達の責任をあいまいにしようという策謀です。
解体されてしまえば,責任をもつ人がいなくなる訳ですから。
こんな策謀に,なぜ誰も気付かず,社会保険庁はけしからんから解体しろなどど言ったのでしょう。マスコミでも,解体に反対する論調は全くありませんでしたね。
社会保険庁は存続して,徹底的に責任を追求すべきです。
新しい,機構になったら,あれは別の組織ですから,私達とは関係ありませんと,言うに決まっています。

こんな強盗達をのさばらせている政治家には,選挙で鉄槌を下す必要がありますね。

2008年09月26日 社会保険庁 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 徒然日記

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。

«

»