確認と組み立て | 団塊世代どっとねっと

確認と組み立て

2008年08月17日

確認と組み立て

導電性インクが乾いた後で,テスターで導通テストをしてみます。
インクが乾いてない状態では,まだ抵抗値が大きいことがあります。
抵抗値が20オーム以下なら良いでしょう。
切れそうになっていないか,ルーペを使って目視で確認します。

インクが乾いていることを指先で確認して下さい。

組み立て

最後の作業です。
実は,この工程が一番難しく大切なところです。

まず半田ごてを暖めておきます。温度が調節できるのなら,少し低めにします。

シートをもとのように,裏返しにされたキーボードの上に重ねます。
その上にアルミ板を乗せます。
慎重に位置を合わせて,アルミ板の穴から削り取ったプラスチックリベットがのぞくようにします。

手でアルミ板を下に押しつけながら,プラスチックリベットの上にプラスチック片を乗せます。
プラスチック片を置く

 

半田ごての先でプラスチック片を溶かします。半田ごてでプラスチックリベットと溶けたプラスチック片が一体となるように先を押しつけます。 
プラスチックを溶かす

一体化したと思ったら,半田ごてを外しプラスチックが固まるのを待ちます。
プラスチックが一体化するより早く手を離すと失敗します。やり直しはききますが。
充分にプラスチックが固まったら一つの作業が終わりです。

できあがり
この作業をすべての穴について行います。面倒な作業ですが,根気よくやります。
アルミ板をしっかりと押さえつけておかないと,キーの接触不良の原因になります。

このような修理方法を取った理由は,強度の問題と作業時間の問題です。
プラスチック用の接着剤はそれほど強度は強くなく,このキーボードのように接着面積が極めて小さい場合,圧力に耐えられないと思われるからです。
むしろ,プラスチックを熱で溶かした方が強度が得られると思います。
もう一つは,接着剤の場合固まる時間が長いことです。セメダインスーパーでも一カ所の接着に5分かかります。全部ではどのくらい時間がかかるか分かりません。
 
また瞬間接着剤は失敗した時にやり直しがききません。
このため,プラスチック溶融という方法をとっています。
しかし,それでも充分な強度とは言えません。ところどころ,うまく溶融していないところもあります。

すべての穴について作業が終わったら完成です。
プラスチック片がきちんとついているか確認しましょう。
プラスチックが盛り上がり過ぎていると,ノートパソコンにつける時に邪魔になることがあります。その場合は,アルミ板の表面と平らになるように修正しておきます。
あとは,ノートパソコンに接続して確認するだけです。

2008年08月17日 確認と組み立て はコメントを受け付けていません | トラックバックURL |

カテゴリ: キーボード修理

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。

«

»