ノートパソコンキーボード修理記 - 分解 | 団塊世代どっとねっと

ノートパソコンキーボード修理記 - 分解

2008年08月17日

分解の前に押しても反応しないキーがどれかを確認して,メモしておきましょう。
そのキーに繋がる配線が切れている訳ですから。
修理したつもりでいたら,配線の切断箇所を見落していたなんてことになると,また最初からやり直しになります。その気力が残っていればですが(^^;)

まず,裏側のプラスチックリベットを外してゆきます。
これが結構面倒な作業となりますし,一番慎重に行わないといけないところです。
これには,ボール盤が必要となります。一般の手持ちドリルは使わないで下さい。
何しろ相手は柔らかいプラスチックとアルミニウムです。ほんのちょっと力を加え過ぎただけでドリルの歯が反対まで突き抜けてしまいます。そうなったら万事休すです。そのキーボートは完璧に修理不可能となります。
ボール盤では,0.2ミリ位の操作が可能ですから。そういう事故もなくなります。

位置をしっかりと確認して,ゆっくりとドリルの歯を下ろしてゆきます。
プラスチックの頭の部分が,アルミ板の頭を通過できる位まで削り取ったら歯を上げてください。アルミ板を削ってはいけません。穴の大きさによって,ドリルの刃を変えます。
必要以上に削ると組み立てのときに苦労することになります。

プラスチックリベットの除去

50個位あるプラスチックリベットを取る作業は大変ですが,慎重に作業を行います。

すべてのプラスチックリベットが取れたら,まずはキーボードのキー側を下にして,机などの平らなところに置きます。゙
そして,アルミ板を端の方から,慎重に剥がしてゆきます。
プラスチックリベットの頭が完全に取れていないで外れにくいところもあるかもしれません。
この時,キーボードを机から浮かせたり立てたりすると,アルミ板が外れた瞬間にキーの部品がバラバラに外れてしまい大変なことになります。
一つのキーは3つの部品から構成されていますから,その大半が外れると面倒なことになります。くれぐれも慎重に。

アルミ板が無事に外れると,下から3枚のシートが現れます。
これは,そのまま簡単に外れます。
キーボードシート
このキーボードの場合,上と下の二枚のシートは実は一枚なのですが,端で折り返されて二枚になっています。このシートに導電性のインクで配線が行われています。

シートを広げたところ

二枚のシートに挟まれているスペーサシートは透明なので写真には写っていません。

2008年08月17日 ノートパソコンキーボード修理記 - 分解 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: キーボード修理

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。

«

»