手術を決意 | 団塊世代どっとねっと

手術を決意

2009年09月25日

だれしも手術はしたくはありません。
特に全身麻酔が必要な手術となればリスクがあります。
私が手術をすることを決めるまでの経緯を書いておきます。
もちろん先生と相談しながら決めました。

手術以外の選択肢は?

保存療法としては,神経ブロックがあります。
それで治る場合もあるとのことですが,私の場合,症状はだんだんとひどくなってきており,神経ブロックで一時的に治ったとしても,原因を取り除かないと,いずれ再発すると思いました。

鍼も試してみました。
しかし,一時的に痛みは軽くなりますが,長続きしませんでした。
鍼で治ると宣伝している鍼灸医院もありますが,極めて怪しいと思います。
どうも信用できません。かえって悪くしてしまう可能性もあると思いました。。

手術のメリット・デメリット

○手術をするメリット
症状が一挙に解決される(100%ではないが)
少なくとも年の単位では,症状が再発しないのではないかと思われます。
リハビリをすれば,痛みやしびれがなくなり元のように歩行ができる。

×手術をするリスク
手術の失敗による下半身不随などの危険性(事故)
麻酔の失敗による植物人間化
手術をしても治らない可能性
脊椎の本の一部を削り取ることによる将来の問題の発生。

等が考えられます。
しかし,その確率はきわめて小さいものと思いました。
そして,信頼できる先生に手術してもらうことで不安は極小化されました。
診断中の話で,脊椎管の手術に多くの経験を持ち,恐らく手術数では日本でも有数の先生とあると感じました。また,先生の話しぶりに自信が感じられました。

○手術をしないメリット
生命の危険や障害者になることはない。

×手術をしないリスク
死ぬまで現在の状態が続くか,より悪化の可能性がある。
生活に制限が加わった状態が続き,人生の質(QOL)が低下
症状が悪化して手術をせざるを得なくなった時に,手術が困難になる可能性
神経自体が圧迫のために変化していて,手術により圧迫を取り除いても神経の変化はもとに戻らない可能性)
老人になってからの手術は体への負荷が大きい
歩行が困難な状態が続くことによる下半身の筋肉の弱体化
(事実,下半身の筋肉はかなり落ちてきていた。左足だけで体を持ち上げられない位に筋肉が落ちていたことにショックを受けた。
いつまでも,治療法を探し続けることになる

これらのことを考えて,手術に踏み切ることにしました。

2009年09月25日 手術を決意 はコメントを受け付けていません | トラックバックURL |

カテゴリ: 脊椎管狭窄症

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。

«

»