脊椎管狭窄症 手術体験記 | 団塊世代どっとねっと

脊椎管狭窄症 手術体験記

2009年09月25日

2008年から書き始めた記事も途中にブランクがあり,読み易くなるよう,今回,全体をまとめ直しました。
この体験記は,全部で8つの記事からなります。全部の記事を読むには,左側のカテゴリーから「脊椎管狭窄症」をクリックして下さい。
8つの記事が順番に従って表示されます。
5つの記事がひとつのページになっていますので,2ページに渡ります。続きを読むには,ページの最後の左下の「以前の記事」をクリックして下さい。
 

脊椎管狭窄症 — 耳慣れない名前のこの病気も,司会者の「みのもんた」氏の手術によって,一躍有名な病気となりました。実は,筆者も数年前からこの病気で悩まされてきました。
「みのもんた」氏の手術の話を聞いた筆者も,勇気づけられて2008年6月手術を受け,良い結果を得ました。

ここでは,この脊椎管狭窄症を手術によって治療した体験をお話してゆきたいと思います。
より正確には,腰部脊椎管狭窄症ですが,長い名前なので「腰部」を省略しています。

手術を受ける前に,この病気を手術で治したという体験記をインターネットで探してみたのですが,手術に関する情報は少なく,同じ病で苦しむ人に情報の提供ができればと思い,書くことにしました。
脊椎管狭窄症で悩まれている方の選択肢の一つとして情報提供をしたいと思います。

筆者が手術に至るまでには,色々な経緯がありました。
ネットで色々な情報を集めたり,腰痛の経験者に聞いてみたり。
でも,なかなかいい情報は得られませんでした。
担当のお医者さんにも,様子を見ましょうと言われ,湿布薬を処方されるだけで,積極的な治療はしてもらえませんでした。

しかし,腰痛は年々ひどくなる一方で,この病気に特有の間歇性跛行もひどくなり,5分歩くと足が痺れて歩けない,生活にも支障をきたすという状況になってきました。
このままでは平均寿命まで生きれば,あと20年位ある人生の質が極端に低下します。

そこで,もう一度情報を集め直し,その結果手術によって治療をすることを決意したものです。手術を決断するまでの経緯と手術をした後の経緯をまとめていきたいと思います。

ここで書いてある事は,筆者個人の経験であり,他の人に当てはまるかどうかは分かりません。病気は,ひとりひとりその原因も症状も異なるからです。
脊椎管狭窄症は,手術で治せと薦めている訳でもありません。

しかし一方で,世の中には,「手術をしないで×××××を治す」といった類の病気に苦しむ人を食い物にしたインチキ療法も数多くあります。本に書いてあるから信頼できる訳でもありません。
アガリスクの効能を謳った書籍の出版元の役員らが,薬事法違反で逮捕されたというニュースは記憶に新しい所でしょう。

ましてや,インターネットには,インチキ情報が山のようにあります。
多くの情報の中から,自分で正しい情報を見極め,自分で判断することが重要です。
そして,自分の判断ですから,結果に対しては自分で責任をとる。
そういう姿勢が大切だと思います。

ここで記述することについては,できるだけ根拠や出典をあきらかにしたいと思います。しかし,私の理解不足や考え間違いもあるかもしれません。
ここで書いてあることを信じるかどうかは,読者の判断です。

2009年09月25日 脊椎管狭窄症 手術体験記 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 脊椎管狭窄症

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。

«

»