パソコン | 団塊世代どっとねっと

カテゴリアーカイブ: パソコン

WindowsXPのサポート終了の意味

2014年02月03日

前回、WindowsXPのサポート終了について書きましたが、先日、友人と話をしている時に、このことが話題になりました。

WindowsXPのサポートが終了するってどういう意味なのか、よくわからない。 別にMicroSoftから、サービスも受けていないし、自分にどういう影響があるのか? WindowsXPを使い続けても問題ないのではないかと。

そう言われれば、たしかに、パソコンに詳しい人を除けば、それが普通の感覚かもしれませんね。 年初にNHKで、この話題を取り上げていましたが、それ以外では一般のニュースでは取り上げられていないようですね。

私は、車を例にして説明しました。 車を買っても、ちゃんと整備しないと危ないですよね。 安全を保つために、車検制度というものがあって定期的に車の点検をすることが義務つけられています。費用は自分持ちですが。

Windowsの場合には、Windows Updateというものがあって、不具合が発見されるごとに自動的にWindowsが修復されています。 正確には修復は電源を切る時ですが。 シャットダウンした時に、時々、電源を切らないで下さいというメッセージが出力されることがあると思います。この時にWindowsの修復作業が行われています。

これにより、Windowsを常に安全な状態に保っています。 これは、Windowsのユーザには無償で提供されていますし、自動的に行われているので、気付いてない人もいるかもしれません。

WindowsXPのサポート終了、というのは、このWindows Updateがなくなるということなのです。 それがなくなるとどうなるか?

上で不具合と書きましたが、その中には正しい利用者以外のものが、Windowsの機能を利用できてしまう、…..例えば、ファイルの中身を見たり書き換えたり、通信の内容を盗聴したりと….そういうものも含まれます。 そういう不具合は、月に何個も発見され修復されています。

WindowsXPで新たに見つかった不具合が修復されないのですから、ウィルス作成者にとっては、まさに天国です。 一個作れば、すべてのWindowsXP パソコンは思うがまま。

しかも、彼らにとって嬉しいことに、Microsoftが、ここに不具合がありますよって、 定期的に教えてくれるのです。

なぜ、そんなことになるのか。

最新のWindows8や少し古いWindows7は、WinodwsXPをベースに開発されています。 したがって、OSの内部ではかなりのプログラムとが共通に利用されています。 Windows7やWindows8で不具合が出た場合、Microsoftは不具合の内容を発表し、それに対応する修復をWindows updateを通じて実行します。 修復のためのデータを、パッチと呼びますが、これを解析すれば不具合の内容がわかります。その部分が、WindowsXPと共通部分であれば、それはWindowsXPでも持つ不具合ですが修復はされません。

だまっていても、Microsoftが不具合を教えてくれ、それがWindowsXPでは修復されないとしたら、ウィルス作成者にとってはとても楽ですよね。 ウィルス作成の効率化が進むでしょう。

結果として、WindowsXPの中はウィルスだらけ。 ウィルスチェッカーを使ってるから大丈夫という訳にはいかないのです。 ウィルスチェッカーは、いわば門の前にいる門番のようなものです。 裏口が開けっ放しになっていたら何の意味もありませんね。 サポートが終了したWindowsXPは、裏口が開けっ放しになった家のようなものなのです。

パソコンの中にある個人情報のみならず、クレジットカードの番号や銀行口座番号、Passwordなどがいとも簡単に盗まれてしまう可能性がかなり大きくなります。 ある日、自分の口座の残高がゼロになっていたとか、クレジットカード会社から身に覚えのない請求をされるといった事態が起こるかもしれません。

ちなみに銀行ではPasswordの管理は利用者の責任となっていますから、被害を受けても保障はされません。 まして、WindowsXPを使ってましたなんてことになると、危険を承知してたということですから自己責任ですね。

これが企業の場合は、企業の存続をゆるがす可能性もあります。 パソコンの数も多いので移行には膨大な時間がかかります。 2~3年前から準備して、ようやく移行できたというところも多いと思います。

ということで、WindowsXPをお使いの皆さん。移行はお早めに!!

2014年02月03日 | WindowsXPのサポート終了の意味 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: パソコン

WindowsXPのサポート終了まで3ケ月

2014年01月29日

2014年4月9日をもって、Windows XP、Office 2003、Internet Explorer 6 のサポートが終了しますね。

私は、3台のPCを使っていますが、すべてWindowsXPです。 このため、昨年の秋頃から、Windows7へ移行を始めました。

しかし、移行は本当に大変でした。 二度とやりたくはありません。 と、いいつつも90%位移行したところで移行先の新品のハードディスクがクラッシュ。 二度やるはめになりました。膨大な時間と費用のロスです。
私の場合は、プログラム開発のプラットフォームとして使っているので、よけい大変なのですが。

その大変さや、移行の問題点は別のブログで書きたいと思いますが、移行へのタイムリミットは、近づいています。 一刻も早い移行を。

ちなみに移行をしないとどうなるか?
PCがウィルスの巣窟になります。

PCを使ってネットで買い物をしたり、ネットバンキングでお金を移動したりすると、それらの情報がすべて盗まれてしまう可能性があります。 ある日、銀行口座の残高がゼロなんてことも。
これは、ある意味自業自得ですが、それだけではすみません。

使っているPCが、他のサイトを攻撃するための武器として使われる可能性が高いです。 例えば、政府機関や金融機関などのサイトを一斉攻撃するための基地として使わるということは充分考えられます。 ですから、WindowsXPのPCを使い続けることは、他の人にも被害を与えるということですね。

車にたとえるなら、ブレーキの故障した車を運転するようなものです。
事故で自分がけがをするだけならいいですが、他人も傷つける可能性が大きいです。 ブレーキの故障がわかっていながら運転すれば、大きな責任が問われます。

WindowsXPからの移行は、お早めに。

2014年01月29日 | WindowsXPのサポート終了まで3ケ月 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: パソコン

ノートパソコンキーボード修理記

2008年08月17日

ジャンクで購入したノートパソコンキーボードを修理した体験を書いてみます。

古いノートパソコンを手に入れたものの,キーボードのキーのうちいくつかが反応しない。メーカーに聞いてみたら,本体よりも高い修理費がかかると言われた。ここは一つ自分で直してみよう。そんな方への参考になればと思い書いてみました。

とはいうものの,修理に失敗すると,本体を壊してしまう可能性もあります。修理をしてみようという方は,あくまで自己責任でお願い致します。

キーボードの構造は,パソコンのメーカーやモデルによって皆異なるので,これはあくまであるモデルでのサンプルです。

また,修理には,入手は簡単ですが,どこの家にもあるというものではない工具や材料も必要です。趣味でキーボードを直してみたいという方向けですね。
もっとも,ノートパソコンのキーボードの修理をメーカーに頼むと,もっと高い料金を請求されると思いますが。(メーカーでは,キーボードを交換するだけですが)

ここで修理したのは,富士通製のノートパソコンに使われているキーボードです。
キーボード

2008年08月17日 | ノートパソコンキーボード修理記 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: キーボード修理

ノートパソコンキーボード修理記 - 修理に必要なもの

2008年08月17日

ボール盤

ボール盤
  これは絶対に必須です。  普通の手持ちのドリルでは代用できません。 私は,何年か前に,DIYのお店の特売で7,000円で買いました。
  プリント板の穴空けなどにとても便利です。重くてかさばるのが不便ですが,DIYを趣味にされている方には,持っていると便利な工具だと思います。ホームセンターの広告を気をつけて見ていると,特売で安く売っていることもあります。
  ネットでも売っているようですね。これあたりは,アマチュア用として適当では

ドリルのキリ  3mm 5mm

    ドリルの歯
 

プラスチック片

  これは,キーボードの組み立ての時に必要となるものです。
  低温で溶けるものが作業効率が良いでしょう。
  プラスチック部品が壊れた時の修理などに便利に使えるのでひとつ持っていても損はありません。フリープラスチック

  私の使った写真のタイプの棒状のものは,今はもう売られていないようです。 代わりにペレットタイプのものが売られているようです。  そちらの方が使い易そうです。  東急ハンズなどで売られています。
  ネットでも売られています。  

以前は、楽天でも売られていましたが、今はないようですね。
ここでは売られているようです。
ゆめ画材

EジスPen(イージスペン)

イージスペン
  フイルム上に形成された配線を補修するための導電性インクです。
キーボードの修理をするための要です。
  これは,恐らく個人が手に入れられる唯一の導電性インクです。
   2種類ありますが,ここで使うのは,EZ-AB というタイプのものです。

入手方法
東急ハンズなどにも置いてあるかもしれません。
私は,秋月電子通商で通信販売で入手しました。(電車代の方が高いので)
   秋月電子通商

ハンダごて

先の細いものが良いでしょう。
できれば,温度調節ができると良いです。

2008年08月17日 | ノートパソコンキーボード修理記 - 修理に必要なもの はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: キーボード修理

ノートパソコンキーボード修理記 - 構造

2008年08月17日

キーボードの構造を図で表します。
分解の前に理解しておくと良いでしょう。
キーボードの構造

2008年08月17日 | ノートパソコンキーボード修理記 - 構造 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: キーボード修理

以前の記事