2008 9月 | 団塊世代どっとねっと

アーカイブ: 2008年09月

アナログなメール

2008年09月28日

インターネットが普及して,近頃は手紙に代わりメールが大きな役割を果たしています。
しかし,こころを通わすのには,まだまだはがきや手紙の方に分がありそうですね。

今はもう会社勤めをやめた筆者ですが,会社時代に面倒をみた新人(当時)の一人の女性から,だいぶ前のことですが,はがきで暑中見舞いがきていました。丁寧な手書きのイラスト入りのこころ暖まるはがきでした。

昨日,新人の一人が転勤することなり,その送別会で久し振りに彼女に会い,返礼しなかったことをお詫びしておきました。その女性は,はがきを出すのももらうのも大好きだと言っていました。年賀状を出す時は,随分前から準備を進めているそうです。

特に,自分宛のはがきがポストに入っているとわくわくするそうです。
彼女は,旅も大好きです。人との出会いが好きなんだそうです。人が大好きなんですね。
そんな彼女は,笑顔がとっても素敵な女性。職場の雰囲気も明るくしているようです。
彼氏がいないのが不思議なくらいですが,先日の北海道旅行で出会いがあったと言ってましたので,その発展を祈りたいものです。

さて,彼女にはどんなはがきを出しましょうか。

2008年09月28日 | アナログなメール はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 徒然日記

Made in Occupied Japan

2008年09月28日

最近,古いカメラを入手しました。
恐らく1949~50年に製造されたと思われる国産のカメラです。
とはいうものの,海外の有名メーカーのカメラのコピーのようです。

このメーカーは既に存在しませんが,つい最近まで,そのカメラメーカーに勤めていた人がこのカメラの修理を行っていたそうです。
1949年と言えば,まだ日本が占領されていた時のこと。戦争が終わった1945年から1952年のサンフランシスコ講和条約の締結まで,日本は占領状態でした。
その間に製造されたものには「Made in Occupied Japan」の刻印があります。略して,MIOJと呼ばれコレクターズアイテムだそうです。

戦後すぐの日本は,食べるのに精一杯でカメラなど作る余裕はなかったと思われますので,1949年に製造されたこのカメラは,製造業が復旧してまもなくのカメラと思われます。

ちなみに,このカメラ,Semi Leotaxと呼ばれ,その初代のカメラのようです。初代にも3つの版があるらしく,その中の最後の版のようです。かなり珍しいものと思われます。
色々と調べてみましたが,この後の世代のカメラはオークションなどに沢山出ていますが,このカメラだけは,どこにも見つかりませんでした。唯一,カメラ史の説明のWebに,このカメラの写真が掲載されていました。(そちらの写真は,初版の第二版のようでした)

よく考えれば,団塊の世代は,占領下の日本で生まれたのですね。
Born in Occupied Japan ですね。

2008年09月28日 | Made in Occupied Japan はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 徒然日記

社会保険庁

2008年09月26日

先日,年金の請求の手続きに社会保険庁に行ってきました。
手続きをした感想は,やっぱり社会保険庁だなぁ…でした。
何故か? 仕事のやり方が,全くなってない。
大切な年金を扱う仕事のやり方そのものが,全くなってないです。
おまけに,やる気のない職員。ちゃんと仕事をしろ!! と怒鳴りたい位でした。

年金の請求を提出したことに対して,提出したということの証明を申請者に対して,何も出さないのですね。これでは,提出した書類を,社会保険庁内部で紛失してしまったら,提出されてませんよ,の一言で終わってしまいそうです。
銀行に例えれば,通帳をあずけても預かり証を出さないのと同じです。
そんな仕事のやり方をする銀行があったら,1ケ月でつぶれてしまうでしょう。
あのいい加減な社会保険庁ですから,充分ありそうです。

しかも,申請の手続きをしてから,年金証書の発行までに3ケ月もかかるとか。実際の振込は,来年になるそうです。
私の場合,一つの会社にずっと勤めていたので,いわゆる年金問題もない筈のに,そんなに時間がかかるのでしょうか? コンピュータ化されている筈なのに。考えられるのは,庁内での事務処理に,たくさんの人が介入して,数多くの判子を押さないと,事務が進まないシステムになっていることですね。
むだな仕事をする人が沢山いて貴重な税金を食いつぶし,年金の掛け金を盗んでいるのですね。
先日,銀行に相談に行った時に,銀行の担当の人も,「社会保険庁は泥棒と思って付き合う必要がありますからね」と言ってました。私にいわせれば,社会保険庁は,泥棒ではなくて,強盗です。否応なく人のお金を取っていくのですからね。

ちゃんと,仕事をしてくれるのかどうかわからない社会保険庁。
この役所は,もう完全に腐りきっていますね。
社会保険証庁は,解体されて,新しい機構ができるようですが,仕事をしている人達が同じですから,何も変わらないと思います。

社会保険庁の解体は,すべての責任を社会保険庁という団体におしつけることによって,それに携わってきた人達の責任をあいまいにしようという策謀です。
解体されてしまえば,責任をもつ人がいなくなる訳ですから。
こんな策謀に,なぜ誰も気付かず,社会保険庁はけしからんから解体しろなどど言ったのでしょう。マスコミでも,解体に反対する論調は全くありませんでしたね。
社会保険庁は存続して,徹底的に責任を追求すべきです。
新しい,機構になったら,あれは別の組織ですから,私達とは関係ありませんと,言うに決まっています。

こんな強盗達をのさばらせている政治家には,選挙で鉄槌を下す必要がありますね。

2008年09月26日 | 社会保険庁 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 徒然日記

不思議な光景

2008年09月04日

先日,家の周りを散歩していて,ふだんはあまり歩かないところで,不思議な光景をみつけました。
暗くなりかけた中に,立っているビル。屋上には,よくみかける携帯基地局のアンテナ。
ついやり過ごしてしまいそうな風景ですが…..

病院の上のアンテナ

実は,この建物は…「病院」です。

皆さんご存じのように,病院の中では医療機器の動作に支障がでるかもしれないということで携帯の使用は禁止されています。

通常の携帯の電波出力は0.6~1ワット位です。
一方,携帯の基地局の出力は50ワット位と想定されます。50~80倍くらいの差があります。
計算をしやすくするために,仮に,携帯と基地局の出力の差が100倍と仮定します。
電波のエネルギーは,距離の二乗に反比例するので,仮に携帯が,1メートルまで近づいた時に医療機器へ妨害を与えるとするならば,基地局は10メートルの距離で妨害を与えることになります。

この病院の基地局のアンテナと一番近い病室の距離は,目測では20メートル位のような気がします。ということは,携帯を医療機器に2メートルまで近づけた状態と同じということです。病室の中で携帯を使ってる状態ですね。
この病院の中には入ったことがありませんが,おそらく院内では携帯は使用禁止となっていると思います。
でも,携帯を病室で使った時と同じ程度の電波を常に基地局から浴びているのですね。
ちょっと変な話です。

誤解してもらっては困るのですが,私は携帯を病院内で使わせろと主張している訳ではありません。そんなことをしたら,本当に医療機器が誤動作して,人命にかかわるかもしれませんから。

おそらく基地局建設には,電波の強さなど病院に与える影響も考慮されていると思いますが,病院の利用者には,携帯はダメと言っておきながらこんな近くに基地局を作るのは,理解が得られないのではないかと。
病院の言ってることに一貫性がないと思われそうですね。

ちなみに,電波は下にいかないようにセットされているのでは? という意見もあるかもしれませんが,この病院のあたりが一番高い場所なので,電波が下に向かってくれないとアンテナの意味がありません。飛行機や高層マンションでしか携帯が使えなくなってしまいますよね(笑)。

色々と調べていたら,こんな記事がありました。
私も全く同感です。

湧雲日記

2008年09月04日 | 不思議な光景 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 徒然日記